アレ屋

アレな人がゆるくアウトドアを楽しみます。

Wolf & Grizzly グリルと焚き火台

f:id:alessi_areya:20200113094721j:image

新しい焚き火台とグリルを手に入れました。

インスタグラムでたまたま発見し、一目惚れしてしまったのですが日本では未発売。

どうにか取り寄せられないか悩んでいたところ、2019年の夏にクラウドファンディングによる取り扱い開始。秒速で支援し、12月に届きました。

そして到着と同時にA&Fでも取り扱いが始まりました。何か悔しかったです。

それはさておき、Wolf & Grizzly(ウルフアンドグリズリー)の製品です。

グリル部分のM1と焚き火台部分のファイヤーセーフがあります。 

グリル M1

f:id:alessi_areya:20200113100505j:image

網と脚で分離し、横27.5cm×奥28cm×高さ約30cm(調整可)。耐荷重は16kg。素材は耐熱・耐久・耐腐食性に優れる304ステンレスとのこと。

ユニフレームのダッチオーブン10インチくらい余裕で置けます。

収納

f:id:alessi_areya:20200113100436j:image

f:id:alessi_areya:20200113100715j:image

薄手のポリエステル製ケース。長さ調整バンド付きで持ち運びやすいです。 


f:id:alessi_areya:20200113101300j:image

網と脚を収納したところ。


f:id:alessi_areya:20200113101311j:image
f:id:alessi_areya:20200113101252j:image

内ポケットがあります。付属の黒いのがファイヤスターター。シルバーのはクリーニングツール。


f:id:alessi_areya:20200113101625j:image

広げたところ。

 

f:id:alessi_areya:20200113101325j:image

バーのようなものをスライドさせ、


f:id:alessi_areya:20200113101322j:image

中央にセット。こうすることで脚と合体させたときに網がたわみにくくなります。


f:id:alessi_areya:20200113101318j:image

まずは取り出したところ。


f:id:alessi_areya:20200113101314j:image

展開し、上から見た図。各連結部分を広げるだけで簡単に立ち上がります。


f:id:alessi_areya:20200113101328j:image

角度を変えて。

グリルと脚を合体

f:id:alessi_areya:20200113102503j:image

グリルの四隅にあるワイヤーと脚の四隅にある切欠にはめ込みます。上から通すとやりやすいです。


f:id:alessi_areya:20200113101256j:image

上からの図。


f:id:alessi_areya:20200113100505j:image

直火OKの場所ならこれだけで調理が出来ますね。


f:id:alessi_areya:20200113101308j:image

メスティンを乗せると、こんなサイズ感。

 

f:id:alessi_areya:20200113102617j:image
f:id:alessi_areya:20200113102613j:image

収納するときは折りたたんだ脚を中心に置いてから巻くと楽です。 

 

ファイヤーセーフ (焚き火台)

f:id:alessi_areya:20200113162756j:image

今度はファイヤーセーフ(焚き火台)です。約29cm×27cm。素材は全て304ステンレス。

この上に薪や炭を乗せて燃やします。


f:id:alessi_areya:20200113102709j:image

グリルと同じくケース入り。


f:id:alessi_areya:20200113102712j:image

こんな感じで収納。

 

f:id:alessi_areya:20200113102704j:image

まずは外側から組み立てます。単純に広げるだけ。


f:id:alessi_areya:20200113102657j:image

上から見た図。

 

f:id:alessi_areya:20200113102803j:image

これは底になる部分。


f:id:alessi_areya:20200113102805j:image

外側部品の切り込みと、


f:id:alessi_areya:20200113102809j:image

側面の窪みにはめ込みます。


f:id:alessi_areya:20200113102813j:image

上からの図。

 

グリルM1とファイヤセーフを合体


f:id:alessi_areya:20200113102800j:image

ファイヤーセーフの上にグリルM1を配置します。

あとは薪や炭で火起こしして、焼いていきましょう。脚を外して網を平置きも可です。 

 

実際に使ってみた

※そのうち更新します