読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレ屋

アレな人がゆるくアウトドアを楽しみます。

兵庫県氷ノ山(途中撤退)

登山

f:id:alessi_areya:20170318161234j:image

雪山行きてぇ…

いやいや、雪山はもっと経験を積んでから。今の知識で行っても怪我をしたり遭難する危険度が高い。

でも準備もちゃんとするし、散歩も連れてくし、エサもあげるし、毎日世話するから!(?)

と言うことで、3月でも雪の積もる氷ノ山へ行って来ました。

標高1,510m。すごーい!たかーい!

 

 

事前準備

 登山届け

流石に氷ノ山クラスは危険がたくさんだと思い、コンパス経由で登山届けを提出しました。

スマホで届けを作っていたのですが、緊急連絡先のバリデーションチェックにひっかかって提出に手こずる。。。

(エラー表示は出ますが、どこがエラーか表示してくれない。電話番号にスペースがあったことが原因だった。)

 

GPSツール

物理的なコンパスの扱いに慣れていないのもあり、スマホアプリのgeographicaを使い、登山ルートを確認しながら登…ったはずが。

 

登山当日

f:id:alessi_areya:20170318161646j:image

パッキングを済ませ、0時に就寝して4時に目が覚める。遠足前症候群っつーやつです。

二度寝しつつ予定通りの電車で現地へ。

氷ノ山最寄駅の八鹿駅からはバスで登山口へ向かいます。

 

f:id:alessi_areya:20170318161704j:image

段々雪景色が見えてきてテンション上がってくる…!

 

登攀開始

f:id:alessi_areya:20170318161759j:image

 八鹿駅からバスで約1時間。氷ノ山鉢伏口へ。ここから20分程で登山口へ…の予定が。

 

ラッセ

 f:id:alessi_areya:20170318161856j:image

先行者がいたのでラッセル泥棒しようかと企んだのですが、相手はスノーシュー

こちらはほぼツボ足です。

 

f:id:alessi_areya:20170318161956j:image

荒らすのも申し訳ないと思い、自力でラッセル。平均して膝くらいまで。深いところだと腰くらいの深さまで沈む…

 

ルート間違え

f:id:alessi_areya:20170318162112j:image

本来はここを右奥に進むのが正しかったようなのですが目視で確認出来るルートがすぐ左側にあったため、よく確認せずそちらの方へ。というか正規のルートはどこに道があるのだろう。

 

f:id:alessi_areya:20170318162246j:image

スノーモービルが通ったらしき跡のおかげでラッセルは楽になりましたが、それでも30cmくらい沈みます。

 

f:id:alessi_areya:20170318162355j:image

 斜面。ここ登るならピッケル使うだろうなー。

 

f:id:alessi_areya:20170318162453j:image

プチ雪洞みたいなところにツララが出来てた。

 

氷ノ山国際スキー場

f:id:alessi_areya:20170318162540j:image

ここまで歩いてようやくルート誤りに気付く…スキー場は通らないはずなのに。

 

f:id:alessi_areya:20170318162705j:image

バスの時間が遅くまでないため、戻ってルート変更するのも難しいと判断し、そのまま下山。少し時間に余裕があったのでリフトは使わずに。

テントとシュラフを持って来てたので氷ノ山越にある避難小屋で一泊出来るとも思いましたが、本当にビバークが必要な人のためにも避けました。

 

下山

f:id:alessi_areya:20170318163054j:image

 下山開始直後にバランスを崩してアイゼン前爪アタック。ノマドパンツが…

幸い、サポートタイツまで貫通しておらず。

 f:id:alessi_areya:20170318164037j:image

 無事に下山し、靴を脱いで靴下に染み込んだ水分を絞ったり靴の内側を拭いたり。寒いのなんのって。

 

道中

今回のコースはなだらかで傾斜も無く歩き易かったです。ただラッセルが大変。

 

今回の装備と食料

ウェア

上はジオラインとノマドパーカー。下はノマドパンツとサポートタイツ。

保温着にフリース、ハクキンカイロ。フリースは下山後に着ました。
手袋(二重)、ハイカット登山靴、12本爪アイゼン。あとバラクラバとサングラス。

 

ザック等

ザックはリッジラインパック40L、トレッキングポール(スノーバスケット)。
避難用としてステラリッジテント、グラウンドシート、ダウンシュラフ800#2、エアマット(泊まる気まんまんだ)

 

食料

シリアルバー×3、ウォーターリザーバー(2L)。八鹿駅のコンビニで調達するはずが、行けずにお腹を空かせていました。

※改札の反対側にあり、どうやって行くのか分かりませんでした

余談ですが、水は多めに持って行ったつもりが小まめに休憩しつつも1Lほどしか飲みませんでした。

もし足らなくなったら雪を溶かす方法もあるわけですが、そういった水源がない場合は例えば山渓4月号にある尿をろ過して飲む企画のようなことになるのかな。

 

反省

装備不足

ラッセルになる予想をしていなかったため、膝上まで沈む雪の中、ズボンと登山靴の隙間から雪が入り込んできます。

これを防ぐため、登山靴とズボンに固定出来る保水しないスパッツが必要だと思いました。

それからビーコンとピッケル。今回は天気も良く、降雨・降雪もありませんでした。しかし、もし雪崩に巻き込まれたら今の登坂技術であればろくに道具の使い方を知らないだけではなく、そもそも道具を持っていないことで致命的な状況に出くわすケースが容易に想像出来ます。

幸い、そうなる前に気付けたので対策は出来そうです。

 

靴とズボン

靴は防水、ズボンは撥水仕様でしたが、ラッセル中は脚が常時雪の中に入るため、膝下が保水してしまっていました。

靴は革+ゴアテックスですが内側から侵入した雪により、保水した水分が抜ける際に表面がぬれていました。中はもちろんビショ。

後述しますが靴下が保水してしまったことにより、脚の体温を奪われ続けます。外気温がそれほど低くなかったことに救われましたが、ラッセルを伴うのであればインサレーション付き登山靴の検討も必要かと。

 

靴下

雪で寒くなると予想し、メリノウール素材をチョイスしたのが裏目に。ラッセルで侵入してきた雪のせいで保水し、乾かず体温を奪っていきます。

下山後、脱いで絞っても靴の中は冷たいまま。雨、積雪時は替えを持って行った方が良さそう。

 

ラッセル技術

要するに雪を踏み固めて通行し易くする、くらいの知識しかない中、雪の状態を目視しつつ、トレッキングポールで突いて注意深く進んで行きましたが沈むもんは沈む。
また地面を見ながら歩くので腰が曲がって前のめりになりバランスを崩して倒れこむことも何度かありました。ちゃんとやり方調べなきゃ。

 

バスの便数と時間

f:id:alessi_areya:20170318165558j:image

八鹿駅-氷ノ山鉢伏口間のバスは便数が少ないです。

土曜出発だと、最短でも八鹿駅を10時40分発。帰りの時間を考慮すると、17時50分のバスに乗る必要があり、山頂まで行くのは難しそう。

10時40分発に乗るとすると、11時40分現地着なので約6時間しかありません。ラッセル付きでこれはキツイ。

ちなみにバスは路線図にない停留所に停まることもあります(すんごい不安になるからやめてほしい)

http://www.zentanbus.co.jp/wp-content/uploads/2016/03/rosenzu12081.pdf

 

次回

山頂にはこだわっていないのですが、下山後に見上げた尾根がすごく気になったので、もし次回行くとすればビバークではなく、きちんと一泊出来る装備で尾根伝いに山頂を目指します。夜間最低気温が0度くらいなら大丈夫。あと吹雪かなければ。 

東京都高尾山

登山

f:id:alessi_areya:20170312123056j:image

土曜にセミナーで東京に来る用があったので、翌日の日曜は久しぶりに高尾山へ行って来ました。

 目次

 

 初日

f:id:alessi_areya:20170312125519j:image

土曜の朝からセミナーに参加。会場では登山靴とトレッキングポールのささったザックを担いだままの姿が浮いてる私でした。

 

f:id:alessi_areya:20170312125543j:image

案の定、すぐセミナーに飽きたのでランチ移動も兼ねて早稲田の茶箱へ。
テクノなイベント「mation」に参加。

入店後、ホットミルクを飲んでいたらソファで30分ほど寝てたw
良い音楽に浸れたなー。

 

f:id:alessi_areya:20170312125657j:image

夜は前職でお世話になった方々と2件ほどはしご。キャンプや登山の話でもちきりに。カヌーもやってみたいですね。

 

www.yaegaki.jp

 忘れる前にと、離職する際に散々?送別会を開いてもらったお礼に地元の酒を土産に渡したところ、随分喜んでもらえて。

獺祭と同じ米「山田錦」で作られている日本酒なのできっと気に入ってもらえるはず。

 

f:id:alessi_areya:20170312125815j:image

あとは近況や、なぜか映画SAWの話で盛り上がり。酔っ払い過ぎたのもあって、積もる話は次回ということで2件目でお開きに。

宿で風呂とサウナに入ってスヤスヤ。

 

二日目

f:id:alessi_areya:20170312123440j:image

宿が渋谷だったので、翌日の日曜は京王井の頭線経由で高尾山口駅へ。
明大前駅で乗り換えた後、車内には登山装いの方々がたくさん。

 

f:id:alessi_areya:20170312123519j:image

高尾山の登山コースはいくつかあるようなのですが最近、沢がお気に入りなので6号路のびわ滝コースから。

 

f:id:alessi_areya:20170312123610j:image

登山道から見下ろすと流れが見えます。
写真だと分かりづらいかな。

 

f:id:alessi_areya:20170312123708j:image

沢まで降りてみたり。

 

f:id:alessi_areya:20170312123759j:image

あとはひたすらこんな山道を歩き、

 

f:id:alessi_areya:20170312123832j:image

道中の飛び石を超えて山頂へ。前日から雨が降った様子はなかったのだけれど、この道は沢の水が流れ混んでいるのか地面が水浸し。靴が防水で良かった。

 

f:id:alessi_areya:20170312123901j:image

山頂目前にある最後の階段がちょっとキツイ。

と言うか、こういう階段が続くとどこでも足がパンパンになるので、普段歩く時に脚が上がっていないのかも。

 

f:id:alessi_areya:20170312123942j:image

後は舗装された道を歩いて行くと頂上へ。高尾山口駅から約50分。10時過ぎに到着しましたが、ベンチ等はすでに陣取られていて100人はいたような。

 

f:id:alessi_areya:20170312124023j:image

食事を持って来なかったので、山頂の茶屋で早めに軽めのお昼。なめこ汁がうまい。

 

f:id:alessi_areya:20170312124109j:image

食後に付近を散歩してると、遠目にうーっすら富士山が見える。

 

f:id:alessi_areya:20170312124138j:image

散歩後はいつものコーヒータイム。
今回は豆と粒度を変えて挑戦。細かめ(ダイヤル10)ちょっと濃いめ。

ジオライン+ノマドパーカーだけだと、動いていないと肌寒いのでしっかり暖をとります。

 

f:id:alessi_areya:20170312124209j:image

下山は薬王院経由の1号路で。

舗装されているのでスニーカーの方が多く、中にはベビーカーをついて登って来る人も。しかし舗装されているのはありがたいのだけどハイカットの登山靴だと歩きにくいのは気のせいかな。岩でゴツゴツしてた方が歩きやすい。

 

f:id:alessi_areya:20170312124242j:image

天狗の像がチラホラ。何かしら所縁があるんだろうな(適当
あとは寺の中に寺があるように見える寺のネスト(意味不明)に出くわしたり。

 

f:id:alessi_areya:20170312124508j:image

登っている時もそうなんですけど、そこかしこに杉が生えているので花粉症持ちにはつらい。とてもつらい。くしゃみとポールを突くタイミングが合わない。。。

 

f:id:alessi_areya:20170312124557j:image

目のかゆみとくしゃみに辟易しながらケーブルカーやリフトで下山する誘惑と戦いつつ無事下山。

 

その昔(閑話休題

f:id:alessi_areya:20170312171618j:image

実は高尾山へは何度か登ったことがあります。

2012年に山頂まで行って翌日全身筋肉痛。

2013年頃にヒーヒー言いながら友人と2人で高尾山から陣馬山(高尾山→もみじ台→城山→小仏峠→景信山→明王峠→陣馬山)にかけて縦走したことがあります。
翌日は略

そして2015年には体力が低下し過ぎて舗装された1号路すらまともに登れず、下山はケーブルカーでエスケープする有様。

昨年からマラソンで体力づくりを始めたのですが、過去を振り返ってようやく効果を実感してきました。高尾山は景色を楽しんで登れるようになってる。

 

下山後

www.pierreherme.co.jp

表参道まで寄り道。サロン・デュ・ショコラで知ったのですが、マカロンだけじゃなく、チョコもおいしいんですよね。

お土産を買うついでにチョコマカロンを試食。

 

f:id:alessi_areya:20170312164914j:image

帰りに東京駅近くのカレー屋に寄ろうとしたら奇しくもランチタイム終了…
南インドカレーというものらしくて一度食べて気に入ってしまったのに。

意気消沈しつつ、木村屋のあんバターをお土産に買ったり。
実は東京駅にもピエール・エルメが出来てて、わざわざ表参道行った甲斐が。。。
あとはまい泉のカツサンドも買って新幹線に飛び乗り、帰路へ。

 

今後の予定 

もっと色んな方と会いたかったのに一泊二日だと全然時間が足らない。
次回は今回会えなかった人に声を掛けて、何やかんや話したいなと。

今後の予定は4月末のM3、GWに北アルプスのどこか、5月末に千葉の館山、7/1、7/2は潮風公園で開催予定のRe:animationへ。
M3も前日入りして、出来たらキャンプしたいところ。

今年は初北アルプスに挑戦してみたいので下調べ中でございます。
いつも単独行なのですが、北アルプスは流石に不安。無事帰って来れるのか…

大阪府金剛山

f:id:alessi_areya:20170225151834j:image

 大阪の千早赤阪村にある金剛山に登って来ました。
モンベルふるさと納税で見かけたことのある地名です。

ちなみにモンベルふるさと納税は1年分の年会費が付いてるものもあってお得ですね。

www.montbell.jp

 

 

交通手段

JR大阪駅→JR大阪環状線内回りで新今宮駅→南海高野線急行で河内長野駅河内長野駅バスロータリーからバスで金剛登山口へ。
大阪駅から登山口まで約1時間45分。
帰りは金剛山ロープウェイ前停留所から乗ると楽。始発なので。

今回は千早城跡から山頂のコース。
バス停を降りてから、バスの進行方向とは逆に歩いて右側から登山口方面へ。

 

f:id:alessi_areya:20170225152446j:image

ここから千早城跡を辿る道へ。
反対側からの方が楽な道のりだそう。

http://www.nankai.co.jp/var/rev0/0003/4196/kongo_map.pdf

 

f:id:alessi_areya:20170225152742j:image

道中はこんな感じで案内板があります。

 

f:id:alessi_areya:20170225152814j:image

 お寺でお参り。道中は階段が多い。

 

f:id:alessi_areya:20170225152945j:image

ブナを見たくてやって来たのに杉がいっぱい生えてる。まじすか。
※花粉症持ちです

 

f:id:alessi_areya:20170225153050j:image

過去の登山記録を調べていると、割と積雪していたのでアイゼンも持参しましたが、頂上付近がこんな感じになってただけ。
下山するときに5分ほど装着したくらい。

 

f:id:alessi_areya:20170225153215j:image

山頂にはこんもりとした雪?氷の塊が。わざわざ日付まで付けてくれてれてるんですね。

 

f:id:alessi_areya:20170225153242j:image

定点ライブカメラ付近は結構びっしり氷漬け。

 

f:id:alessi_areya:20170225153311j:image

山頂は売店なんかもあって賑わってました。
コーヒーを入れつつ登山客を遠目に眺めてたり。

 

f:id:alessi_areya:20170225153515j:image

下山はGoProを頭に取り付けて撮影しながら帰ってみました。
とりあえず切って貼っただけの動画です。

 

今回の装備

ザック

f:id:alessi_areya:20170225153458j:image先日発売されたモンベルリッジラインパック

ザックトップにアイゼンケースを取り付けています。
このバックル付きベルトを切って固定しています。

モンベル | オンラインショップ | サイドリリース バックル付きベルト

実はアイゼンは2種類持って来ていて、ザック上のアイゼンケースに入っているのは12本爪。今回は6本爪だけ使いました。張り切りすぎた。

ハイドレーション

webshop.montbell.jp

モデルチェンジで新しいのが出るのに待てなくて古いのを買っちゃいました。

リッジラインパックはペットボトルを収納するポケットが無くて、水分補給するのにザックから取り出すのが面倒なためこちらをチョイス。

ザックにペットボトルホルダーを取り付けることも考えましたが、取り回しが面倒になりそうなため断念。

ウェア

webshop.montbell.jp

前回、汗ビショで歩き続け、ザックとウエストポーチの締め付けにより腰に汗疹が出来てしまい、これを何とかするため汗の処理を考えてみました。

前回はインナー+フリース+雨具(ストームクルーザー)で、フリースが雨で濡れたみたいに保水してしまっていたため、ここに汗を留まらせないようフリースの代わりにソフトシェルを導入。

結果は抜群の効果で、歩いていると背中部分が蒸れてきますが、きちんと乾いてくれます。

ノマドパーカーの胸ポケットにケータイをしまっていたのですが、画面が濡れていたのでインナーから蒸発した汗が伝わってきていたようです。

重ね着の考え方

山歩きなどでよく取り上げられるウェアの3レイヤーを考えるときに良くゴアテックス素材の透湿性が取り上げられるのですが、ゴアテックスは内からの水分については水蒸気の状態でないと透湿性を発揮出来ないようです。

よってフリースで保水してしまっていてはストームクルーザーから外に汗が抜けていかず、結果、汗がフリースにたまり、乾き切らなかった汗がインナーに残ってしまい、汗疹になってしまっていたので、フリースをノマドパーカーに変えることで改善出来たというわけです。

今回は予想外にノマドパーカーの効果が素晴らしかったので、年中使えるウェアになりそうで良い発見でした。

ちなみにノマドパーカーはゴアテックス素材は使われていませんが、汗の乾きは速かったです。

NINJA TARPでツェルト

アウトドア 道具

 f:id:alessi_areya:20170212171814j:image

夏キャンプ用に装備を軽くしたいと思い、以前購入したNINJA TARPをツェルト風に張る練習をしてみました。

基本形含め3種類を試しました。パーツ名称や細かな機能は後半で。

続きを読む

兵庫県摩耶山

アウトドア 登山

 f:id:alessi_areya:20170218150931j:image

今週は摩耶山へ。
パッキング重量(10kg)を増やしてトレーニングがてら。

コースは上野道が初心者向けらしいのですが、山道ばかりでおもしろくないので、
今回は布引の滝→市ケ原分岐→トゥエンティクロス→桜谷分岐→掬星台を辿りました。 

続きを読む